おせちの由来と現在について

by author



おせちは本来節句ごとに行われる節会のために作られる料理でした。節句とは中国の陰陽五行説に由来し、日本の暦で伝統的な年中行事を行う季節の節目のことです。
節供や節日などと呼ばれることもあります。

日本の宮廷では節句ごとに節会と呼ばれる宴会が行われました。節句には様々なものがありますが江戸時代になると幕府によって5つの節句が公的な祝日として定められることになります。



1月7日が人日の節句、3月3日が上巳の節句、5月5日は端午の節句、7月7日は七夕の節句、9月9日は重陽の節句です。


節句にはそれぞれ決まった料理があります。
人日は七草粥、上巳は菱餅や白酒、端午は菖蒲酒、七夕は素麺、重陽は菊を浮かべた酒です。



端午は菖蒲酒の他にも関東地方では柏餅、中国地方や関西地方ではちまきが食べられます。

本来おせちとは5つの節句に出される祝いの料理のことです。

しかし現在では正月に食べられるものだけを指すように変化しています。



一方で七草粥のように現在でも節句料理として残っているものもあります。

18世紀の終わり頃まではおせちが食べられていましたが、その後は飾りとして利用されるようになりました。

重箱におせちを詰めるようになったのは明治時代移行です。

第二次世界大戦の後にデパートで重箱入りのおせちが販売されるようになります。

現在では重箱に祝い肴と焼き肴、酢の物、煮物が詰められるスタイルが一般化しました。またインターネットにより注文を受け付けて宅配するサービスも行われるようになっています。